九州をさるくバイ!

知らなきゃ損!?九州の風景と旨いものを探すライダーの雑記ブログ

N県在住サラリーマンのバイクブログ。バイクツーリングやアウトドア、旅先で見つけたものなど…自由に書いていきます。

【過去の記録】九州一周5日目・・・神話の里

前回から引き続きのお話です。 

www.aimanibike.work5日目のルートはこのようになります。

f:id:holyknightseiya1234:20190222211409p:plain

 九州一周の中では1番走った日になりました。この日はエリミネーター125で43km/Lの高燃費を記録しました。

 この日の朝、阿蘇ライダーハウスを8時に出発しました。もちろんここで会ったライダーたちと『また、どこかで会おう』と交わしました。ライダー同士集まって一晩過ごすと楽しいですし、貴重な体験にもなります。

阿蘇山

 とりあえず行先はラピュタの道に行こうと思いましたが、このときは探してみるがわからず、諦めて阿蘇山を目指しました。道を間違え、アメリカンでダート!農道の砂利道に突入するなどの苦難をこのとき経験しました。かなり恐ろしい。アメリカンでダートはするもんじゃないです。なんとか普通の道へ戻ってから、燃料を補給し、阿蘇山を目指しました。

f:id:holyknightseiya1234:20190222212155j:plain

 この日の天気は曇りで、頂上付近は雲に覆われていました。季節もあり、登るとかなり冷え込みました。白い息が見えるほどです。とりあえず草千里到着。真っ白ですね。雨は降っていませんでした。

f:id:holyknightseiya1234:20190222212314j:plain

 阿蘇の火口も近かったので、ぜひ火口も見ようと思って登りました。125ccのエリミネーターだったため、勾配が急でほとんどスピードが出なかったです。火口に着くと、かなり硫黄が立ち込めていました。噴煙が上がっていたため、一部立入禁止でした。噴煙しだいで立ち入り可能な場所が変わります。

※立ち入り不能な場合には入らないようにしましょう。

南阿蘇ビジターセンター

 下山後は南阿蘇ビジターセンターを目指しました。ここではもちろん阿蘇の成り立ちとかがわかる国営観光施設です。ビジターセンターの近くは休養地のようでした。

f:id:holyknightseiya1234:20190222212408j:plain

南阿蘇ビジターセンター - 自然体験、ふれあい。

トンネルの駅

 そこからとりあえず高千穂峡を目指すことに。国道265に入って外輪山を抜け、人生初の宮崎県に突入しました。途中トンネルの駅という場所を発見。SLが止まっていました。 

f:id:holyknightseiya1234:20190222212606j:plain

 廃線した旧国鉄のトンネルがあります。道の駅のように、物産館などがあります。

駅内で阿蘇のライハで一緒だった人(東京から来た人)と会いました。

f:id:holyknightseiya1234:20190222212739j:plain
f:id:holyknightseiya1234:20190222212802j:plain

 トンネルの駅の敷地内には、天孫降臨の滝があります。『天孫降臨』宮崎の有名な焼酎の名の由来のようです。高千穂は日本の神話の舞台です。トンネルの駅のトンネルは酒造になっています。中にはたくさんの樽があり、自由に無料で見学OKです。

高千穂観光 トンネルの駅公式ホームページ

この後はトンネルの駅を出発して、高千穂神社に着きました。

高千穂神社

 f:id:holyknightseiya1234:20190222212911j:plain

 綺麗なところです。空気がきれいで神秘的な場所でした。縁結びや家内安全などのご利益があるとのことです。高千穂に来た場合は立ち寄っていただきたい場所です。

高千穂峡

 高千穂神社の近くに有名な高千穂峡があります。

f:id:holyknightseiya1234:20190222212939j:plain
f:id:holyknightseiya1234:20190222212950j:plain

 こういう場所は他にはないですね。写真写りは悪いんですが・・・人は多かったことを覚えています。

酷道265号線

 高千穂峡から五ヶ瀬を目指し、国道265へ戻りました。標高も高くかなり冷え込んでいました。椎葉という方向へ、国見トンネルというかなり長いトンネルを抜け、椎葉村に入りました。道は狭くなり、大きなトラックは通れないくらいになります。路側帯はところどころ崩れ、割れたアスファルトからはコケや雑草が生えており、枯れた落ち葉や崩れている路側帯が転倒の恐怖をそそります。さらにボロボロのガードレールから先は断崖絶壁のところも。まさに酷道。でも国道265。勾配も激しく、速度を出せても40km/h。それ以上出すと怖いですので、通る方は安全運転で。

 山の中をひたすら走り、ダム湖に出たと思うと、いかにも周囲を一周しているんじゃないかと思うほどに走れます。山の中ですが、家がところどころにありますが・・・コンビニや休憩できるような場所は当時ありませんでした。

wikipediaより拾ってきました酷道265号線についての道路状況です。

f:id:holyknightseiya1234:20190222215454p:plain

国道265号 - Wikipedia

 熊本人吉、西米良のどちらかに抜けれる交差点へ。ツーリングマップル開いて、西米良は町がなく椎葉と同じような道だったため、人吉方面へ行くことにしました。同じような道を10kmくらい走ると、道路が広くなり、綺麗になってきます。水上村を抜け、多良木に入ると交通量は多くなります。

 

クラフトパーク石野公園キャンプ場

  人吉市に入り、今回の宿泊場所であるクラフトパーク石野公園キャンプ場を目指しました。キャンプ場に入る前に途中、買い物。到着したのは16:30くらいでした。キャンプ場の利用は受付をしなければなりません。事前に予約が好ましいようです。ちなみに宿泊代は420円でした。今は消費税の関係で上がっています。早めにキャンプ場に入って、すぐにテント張ってゆっくり過ごしました。

f:id:holyknightseiya1234:20190222213304j:plain

近くに大きな川(球磨川)があり、うるさくて慣れていない人は寝れないと思います。

【公式サイト】人吉クラフトパーク石野公園 | 人吉球磨の伝統工芸等を体験しよう!

終わりに

 4日目、5日目と九州のハイライトというべき場所を通りました。しかし、さすがにバイクで九州山地を縦断するのは恐怖極まりなかったです。通る際は十分に注意してほしいと思います。ちなみに国道265号線には警笛区間もあります。

 この日使った金額はほとんど走りっぱなしだったので、朝飯・昼飯のコンビニ合計1,000円、夕飯の1,000円、キャンプ場420円。2,500円くらいです。燃料代...は覚えていません。

f:id:holyknightseiya1234:20190218221730p:plain